平賀源内の戦略

平賀源内の戦略

鰻屋から相談を受けた平賀源内は、「丑の日だから、『う』のつくものを食べると縁起が良い」という語呂合わせを考え付きました。

 

また、昔から鰻を食べると精がつくと言われているのを利用し、「精のつく鰻は夏を乗り切るのに最適」というキャッチコピーを作りだしたのです。そして「本日、土用丑の日」という誰もが目に入る大きな看板を鰻屋の前に掲げるように指示しました。大きな看板を目にした江戸っ子たちは、「本日土用丑の日…なんでぇ、こりゃあ?」「今日って何かあったかい?」という会話をしながら足を止めます。

 

そこで鰻屋が平賀源内から伝授してもらった宣伝文句を用いて、客引きを始めます。そうして鰻屋は、大成功を収めたのです。これを見た他の鰻屋でも真似をするようになり、いつの間にか土用丑の日には鰻を食べるのが当たり前という風習が身に付きました。