春の苺のおいしさ

春の苺のおいしさ

現代では、一年中いつでも苺は食べることができます。これはハウス栽培によって、いつでも苺が作られているおかげですが、しかし、個人的な意見としては、一番、苺がおいしく感じるのは、春の「旬」の頃であります。農家の人が話すには、旬の時期というのは、苺は、少し酸味が強くなるということなのですが、しかし、ハウスで栽培したものの方が、甘みは強くなるとのことです。

 

個人的には、やはり美味しさということでみると、やはり、そう感じます。自分の舌がそう感じるだけなのかもしれませんが、しかし、ついついそう感じてしまいます。なので、春の苺の方が美味しく感じるのですが、僕の両親も苺を栽培していたので、やはり、春に食べる苺が一番おいしかったです。飽きるほど食べましたが、しかし、それでも美味しいと感じますね。

 

化学的に測定をしてみると、やはり甘みはハウス栽培したもののほうが強いのかもしれませんが、しかし、体は旬のものを欲していて、人間にしてみると旬のものを食べるというのが、一番体に合っていて、おいしいと感じるのかもしれません。