ソウルフードで見る違い

ソウルフードで見る違い

「餃子の○将」というお店がありますが、関西のソウルフードとも言えるこのお店を例にして、関西の人と関東の人の表現の違いを見ていきたいと思います。関西の人は、「○将は安くて美味しい。」という表現をします。そして、関東の人は「○将って、美味しくはないけど、安くてお得だよね」という表現をします。

 

関東も関西も、どちらも「○将」の価値はしっかりと認めています。しかし、その表現に大きな違いがあります。関西の人も「○将」が、アトミックパワーに支えられたものだということは、よく理解しています。しかし、「美味しい」と表現するのは、あの値段でお腹いっぱい食べられるということも考えているからです。関東の人にしてみると、ジャンクフードを平気で「美味しい」と表現する関西の人は味覚オンチだということになってしまいます。

 

では、関東の人は「○将」を利用しないのかというと、そうではなくて、よく利用するからこそ、関東にも店舗があります。そして、普段はあまり美味しくないといっているにもかかわらず、普通に利用しているからこそ、関西の人は「ただカッコつけてるだけ」と感じてしまうようです。

 

 

- 日本 谷口 敬太 | LinkedIn