飲食店で使われる食材、調味料

飲食店で使われる食材、調味料

一般の家庭と飲食店で使われている調味料などは違うでしょう?…と思っている人は、多いのではないでしょうか。飲食店側がこ高級食材を使っているというわけではなく、私たち一般人が手に入れることの出来ない商売人専用の特別な味のする調味料などを使っているのではないか?…と。

 

だから家庭とは違った味になると思いこんでいる人も少なくないようですが、その考えは間違っています。お店などで「業務用」と書かれている缶詰やパックなどを見掛けたことがあるかと思います。では、「業務用」とは一体、なんなのでしょう。業務用食材に味自体、大きな違いがあるというわけではなく容量や入り数、包装などに違いがあるのです。

 

どういうことかというと、普通、食品メーカーは一般家庭向けの食材を作る際、他の同業者の商品に負けないようにいろいろと工夫します。陳列されていることを考えると他社の商品よりも目立たせたい、人気のキャラクターを使うというのも1つの手段です。しかし、そうなるとコストが高くなり、結果、商品の値段も上げなければいけなくなります。しかし、飲食店では見た目は重視せずにいかに1円でも安く仕入れられるか、そこにしか興味はないのです。

 

 

銀座 火鍋