鰻の旬

鰻の旬

これだけで本当に効果があったの?と思う人もいるかもしれませんが、「土用丑の日」というのは今で言うとキャッチコピーのようなものです。

 

平賀源内はこれをきっかけに、あらゆるところから依頼を受けるようになり、「コピーライターの元祖」とも言われています。宣伝力があるということは、それだけ商売にも影響するものです。「鰻で精をつけて夏を乗り切る」と考え出したのが平賀源内かどうかは定かではありませんが、このキャッチコピーは相当な宣伝になった事に間違いはありません。

 

「土用丑の日」の影響もあり、鰻の旬は夏だと思われている人も少なくありません。しかし、、鰻の旬は秋〜冬です。味としては、冬の方が脂がのっていて美味しいと思います。ただ、絶対に旬の時期でなければいけないというわけでもないので、夏に鰻を食べるのも良いですよね。「初ガツオ」と同じように、もともとの魚介の美味しさの旬ではなく、趣の旬を感じながら食してみてはいかがでしょう。

 

tシャツとは
Tシャツの歴史 | - tshirt.co.jp