関西と関東、ラーメンの評価は?

関西と関東、ラーメンの評価は?

味がイマイチだとしても激安でお得に感じれば「あの店はウマい」と表現され、味は絶品だけれど値段との折り合いがついていなければ「あの店はクソ不味い」という表現をする関西人。どんなに美味しい料理が出てくるお店でもお得に感じられなければ、「あの店、高いばっかでいっこも旨いことあらへん!」と平気で言い放つのが関西人です。

 

一方の関東人は、美味しい料理を出すお店に対しては素直に「美味しい」と評価し、美味しいと認めたけれど値段が高ければ「あのお店、美味しいけど高いから二度と行かない」という表現をします。お店と料理の評価を別々にするのが特徴です。また、自分が頻繁に利用しているコストパフォーマンスが良いお店に関しては、価値を認めつつも決して「美味しい」という表現はしません。これらが関東人と関西人とで、美味しい店談義でかみ合わない原因になっているのではないでしょうか。きっと私以外にもこのように感じた人はいるはずです。

 

『餃子の○将』以外で例えるならば、ラーメン屋もそうです。至るところに氾濫しているラーメン屋ですが、関東のラーメン屋は美味しいと評判のようですが、関西のラーメン屋でそういった話はあまり聞かれません。グルメ雑誌などには、関東のラーメン評論家が関西の有名店に言ってみると期待外れだったという記述はよく見かけます。これだけで評価すると関西のラーメン屋は評価が低いように感じます。