関東と関西の味の違い

関東と関西の味の違い

関西と関東では、伝統的な好みの違いがあり、そば・うどんのつゆの違いが有名です。関東では醤油色の濃いつゆで、関西は澄んだ薄い色のつゆになっていて、関西の方は、醤油よりもダシの味が良く利いています。

 

そして関東の方は、ダシよりも醤油の香りが全面にくるようになっていて、醤油味がはっきりしています。こうした違いがありますが、さらに、おでんに関してもかなりの違いが見られます。関西のおでんは味付けは薄く、素材の食感や持ち味がなくならないように作りますが、関東は濃厚な味わいということで、じっくり味を染みこませます。

 

なので、こういう好みの違いによってインスタントラーメンも関西版と関東版があります。「どん○衛」というインスタントうどんでは、原材料の表示に「E」「W」と小さく表示がしてあって、それで見分けをするように工夫されています。

 

また、インスタント焼きそばの場合は、醤油文化の関東では、醤油風味のペヤングが人気になっていて、ソース文化の関西では、ウスターソースでつくられたUFOが人気になっています。こういう風に関東と関西では、好まれる商品が違い売れ筋が異なるようです。そして「コテコテの関西人」や「生粋の江戸っ子」も減っているようで、住んでいる土地よりも人それぞれの好みが強くなってきていて、関東の人でも醤油のあっさりした味を好む人もいれば、関西の人でもじっくりと濃く、味の染みたおでんが好きな人もいます。