表現の違いとは

表現の違いとは

関西と関東のどちらにも住んでいると、味に対する表現に違いがあるように感じます。これは味覚の違いというよりも、表現の違いであると感じたのですが、「美味しい」ということの表現が関東と関西では大きく違うような気がしました。

 

そして、この違いが、関西の人が関東の人のことを「キザったらしい」と感じたり、関東の人が関西の人を「味覚音痴」と感じる原因になっているのかもしれません。自称グルメといっている関東人の人が関西で評判のお店に行くと、「関西の人は、こういう料理を美味しいと言っているのか?」と、関西人を味音痴と思ってしまいます。

 

しかし、逆に関西の人が関東のお店に行くと「関東の人は、こういうものに高い金を払うなんておかしいと違うか?」と何となくキザッぽく感じてしまうようです。「美味しいお店」ということに少しずれがあるのであって、関西と関東では、好きな味そのものは、あまり変わらないようです。

 

これは関西の人が言う「美味しいお店」というのは、味だけではなくて料金の安さも含めた事を言い、味は美味しいけれど高いというお店は「美味しい」とは言われないということです。関東の方は普通に味だけを評価するので値段が高くても「美味しい」と言います。こういう風に価値観のずれが、双方の違いとなっているようです。

 

http://www.pilates-all.com/session/