土用丑の日の始まり

土用丑の日の始まり

土用丑の日と言えば、ウナギを食べるのが私たち日本人の常識ですよね。では、そもそもなぜウナギを食べるようになったのでしょう。

 

諸説があり、実はこれだ!という由来は決まっていないようです。1番有名なのは、江戸時代の学者平賀源内が鰻屋に頼まれて宣伝コピーを作った…という話ではないでしょうか。では、土用丑の日とは?夏の土用の間で日の十二支が丑である日のことで、暦を見れば分かります。7月25日あたりのことを指しています。

 

平賀源内のエピソード
平賀源内(1728〜1780)とは、江戸時代の有名な蘭学者で、エレキテルを修理して紹介したりしたことで有名です。とにかく多彩な人で学問に発明に、浄瑠璃の台本を書き、油絵まで描いてしまうというのですから、江戸では知らない人はいないほど「天才」として知れ渡っていました。皆さんも知っての通り、ウナギのかば焼きは味も濃く、こってりとしているので暑い夏には売れなかったそうです。また、ウナギの旬は秋〜冬です。ウナギの産卵期は冬なので、産卵前の脂を蓄えた時期が一番美味しく、旬から外れた時期はイマイチ…の人気。そこで困ったウナギ屋はなんとか知恵を貸してほしい…ということで、天才として有名だった平賀源内に助けを求めたのでした。

 

うなぎ