関西人と関東人の表現の仕方

関西人と関東人の表現の仕方

関西人の場合、大した味ではないけれど激安でお得と感じれば、「あの店は旨いで!」という表現をします。しかし、関東人の場合は、そういったお店に対して「美味しい」や「旨い」という表現は絶対にしません。「あのお店は安いけれど、美味しくはないよね」と言います。関西人は、味について分かっていない…というわけではありません。美味しいと評判のお店でも値段が高ければ、そうそう何度も通うことは出来ませんよね。

 

関西人の場合は、自分がよく行く店=行く価値がある店=美味しい店と味と値段の2つが考慮されての結果なのです。関西人の使う「美味しい」はお値打ち感も関係していることになります。ココだけで考えると関西人は、言葉遣いには節操がないように思うかもしれません。しかし、逆にどんなに美味しいお店でも値段とのバランスが取れていなければ、そのお店は「不味い!」と評価するのが関西人なのです。

 

関東人の場合は、美味しい料理を出すお店には素直に「美味しい」と評価します。関東人だって美味しければ、値段が高くても気にしない…というわけにはいきません。値段のことも配慮してお店選びをしています。美味しいと分かっていても値段と釣り合っていなければ、「あのお店は美味しいけれど、高いよね」とストレートな言い方になります。そして味がイマイチでもコストパフォーマンスが良ければ「つい、行ってしまうお店」になっているのではないでしょうか。そのお店のことは評価しつつも、「美味しい」という表現は絶対にしないのが関東人です。

 

築地で寿司ならこのお店
築地場外市場 - 公式ホームページ