土用丑の日は平賀源内が作った?

土用丑の日は平賀源内が作った?

日本人の常識として、ウナギを食べる日というと、これは土用丑の日になります。しかし、なぜ、そもそもウナギを食べるようになったのでしょうか。このウナギを食べるようになったことは実はいろいろと説があり、決定的なものは何かはっきりとはしていません。

 

その中でも、有名な物は、江戸時代の学者の平賀源内が鰻屋に頼まれて宣伝コピーを作ったという話です。そして、土用丑の日というのも気になりますが、これは7月25日くらいのことで、暦を見ればすぐにわかるように、夏の土用の間で日の十二支が丑である日のことです。

 

そもそも平賀源内は1728〜1780年に生きた江戸時代の蘭学者で、エレキテルを修理して紹介したりしました。江戸では知らない人はいない天才ということで、浄瑠璃の台本を書き、油絵を描き、さらに学問に発明を行い、かなり多彩な才能を持っていました。

 

そしてウナギの旬は秋〜冬になっていて、産卵前の脂を蓄えたうなぎが一番美味いしいとされていて、旬の外れたうなぎはあまり売れずに困っていました。そこで、うなぎ屋が天才と言われていた平賀源内に何とかしてくれということで助けを求めたとのことです。それまでは暑い夏にはこってりとして、味の濃いウナギのかば焼きはあまり売れなかったとのことで、随分、今とは違っています。