関西と関東の味の違い

関西と関東の味の違い

伝統的な好みの違いというのは、関西と関東は別です。それぞれの嗜好の違いとして有名なものと言えば、やはりそば・うどんのつゆですよね。関西は、澄んだ薄い色のつゆが主流で、関東では醤油色の濃いつゆが主流となっています。関西はダシの味が良く利いていて、醤油は軽く香る程度に仕上がっています。一方の関東は、醤油味がはっきりしていて、ダシの香りもするけれど醤油の香りが全面にくる仕上がり。味もかなり違うようです。また、そば・うどんのつゆと似ていておでんに関してもかなりの違いがあります。

 

関西のおでんは浅い味付けで素材の食感や持ち味が失われないよう作るのに対し、関東はじっくり味の染みこませ、濃厚な味わいなのが特徴。こうした好みの違いがハッキリしているせいもあり、インスタントラーメンも同じ商品であっても関西版と関東版があります。某社のインスタントうどん『どん○衛』では、原材料の表示のあたりに、小さく「E」「W」という表示が入っているので、見分けがつくように工夫されています。また、インスタント焼きそばなら、醤油文化の関東では、醤油風味のきいたペヤングが割高であるにもかかわらず根強い人気を誇っているのに対し、ソース文化の関西では、ペヤングはほとんど姿を見ず、ウスターソースの香りが強いUFOが圧倒的に人気となっています。

 

関東と関西では、売れ筋商品も違うようです。しかし、昔かたぎの「コテコテの関西人」とか「生粋の江戸っ子」という人は本当に減っています。その証拠に関西人でもじっくり味の染みたおでんが好きな人もいれば、関東人でも醤油あっさりで出汁メインのうどんだしを好む人もいます。住んでいる土地というよりも人それぞれの好みではないでしょうか。

 

http://asakusabashi-himonoya.com/

個室・テーブル席・宴会/居酒屋FC(フランチャイズ・チェーン)