業務用と家庭用の違い

業務用と家庭用の違い

また、家庭向けに作られた商品は、一世帯の家族が賞味期限内に食べきれる量をパック詰めします。つまりは「使いやすい・お手ごろ」の量が家庭向け商品のポイントとなるのです。

 

そうでもしないと商品は売れませんから。しかし、内容量が少ない分、個数で勝負するにしても製造の方でコストが掛かってしまいます。よくスーパーなどで販売されている大人入りは内容量が多いのが特徴ですが、割安になっていますよね。飲食店などで業務用を仕入れるのは、こういったところに理由があるのです。当然ながら調味料や食材を使う量は、一般家庭の何倍!調味料ならキロ単位とか、食用油なんかは18リットルくらいの缶で仕入れるのが当然です。一気に大量に仕入れることでコストを抑えることにも繋がるのです。

 

つまり、業務用というのは、購買の視点が家庭とは全く違うということです。

 

オークション 代行
goo オークション